HOME>記事一覧>買う時には重さの確認を忘れずに行うように

業者に依頼すると手数料がかかる

化粧品輸入を個人的に考えている場合、費用がどれくらいかかるのかは輸入するやり方によって、大幅に違うため、注意が必要です。たとえば、個人輸入代行業者を利用する場合、代行業者に支払う手数料、化粧品の代金、送料をトータルで支払わなければなりません。また、関税がどれくらいかかるのかは輸入する量によって大幅に違うため、関税がどれくらいの重さからかかるのか把握してから個人輸入をしたほうがいいでしょう。

英語ができれば自分で取り寄せよう

自分で化粧品輸入をする場合、どんなサイトを利用するのかによって、多少費用が異なるため注意してください。英語ができるかどうかによってサイトで割安となる料金や、割引制度を利用できるかどうかがはっきりするため英語ができる人なら自分で個人輸入したほうがいいです。

買う前に重量を必ず確認すること

海外の化粧品は安くて手に入れやすいからまとめ買いをする人は少なくありませんが、あまり大量に買うと危険です。化粧品輸入は個人でもある程度の重量になると関税が課されるため、買う前に重量を確認してから買いましょう。

転売はできないため自分用に買うこと

法律で規制されているため、化粧品輸入したアイテムをフリマサイトで販売することはできないことを理解しておきましょう。個人で使用する分には自己責任で問題ありませんが、転売する場合には法律違反となってしまうため、絶対にやめてください。

広告募集中